宮崎太輝 ゴルフKnow-How(ノウハウ)

初心者から上級者ゴルファーまでのあれこれが詰まったノウハウをお届けします!

スライスやシャンクが止まらない! (P5版)

time 2020/06/06

スライスやシャンクが止まらない! (P5版)

【スライス、シャンクがとまらない😭】

P5でのフェースの向きをチェックしよう❗

掌屈がスライスを止める?!

スライスやシャンクが止まらない人は、フェースの向きがスイング軌道に対してオープンな状態になっていることがほとんどです。そのフェースの向きはP5でチェックできます。
BeforeとAfterのフェースの向きを比べてみましょう。矢印方向がフェースの向きとしたら矢印の指している方向が違うのがわかると思います。Beforeの様なフェースの向きが軌道に対してフェースがオープンということなので、これをAfterの様に改善できるとスライスやシャンクは少なくなってきます。
練習の仕方は、P3(バックスイングで左腕が地面と平行な位置)までクラブを振り上げ、その後左手首を少し掌屈(掌側に手首を折ること)します。この作業でフェースの向きをオープンからスクエアにすることができるので、掌屈してAfterのようなフェースの向きになったらかなりゆったりしたテンポでスイングしましょう。

ゆったりしたテンポで打つ理由は、新しい手首の状態からクラブを振り下ろす為の運動プログラムを脳で新しく組織し、それを実用できるようにするためです。7番アイアンで20ヤードをペチっと打つようなスピードで十分なので右にボールが飛ばないことを確認し慣れていきましょう。
これでスライスはシャンクはかなり減ることと思うので、お悩みの方は是非お試しください☺️

スイングでお悩みの方必見!

宮崎太輝のローポイント・コントロールの本だけでは語りきれなかった内容を
動画にまとめてみました。
本ではわからなかったものが動きが見えることでよりわかりやすくなっております。スイングにお悩みの方は是非こちらもお試しください。

アメリカの最新理論は教え方がまったく違った!
2018年時点での“間違いのない情報”を解説、
それが「ローポイント・コントロール」

down

コメントする






アーカイブ