宮崎太輝 ゴルフKnow-How(ノウハウ)

初心者から上級者ゴルファーまでのあれこれが詰まったノウハウをお届けします!

スライスやシャンクが止まらない! (P6版)

time 2020/06/07

スライスやシャンクが止まらない! (P6版)

【オンプレーンにスイングしてるはずなのに、スライスが止まらない⁉️】

インパクト直前、瞬間的にカット軌道になってるかも❗️

手首の背屈はスライスの原因?

動画をみてもオンプレーンにスイングしているのにも関わらずスライスやシャンクが止まらない人がいます。その様な人はP6で左手首が背屈(手を甲側
に折ること)していることが多いです。
P6でその状態になると、インパクトに向かってクラブヘッドが瞬間的にアウトサイドまで飛び出してしまうことがあります。すると、どうやってもカット軌道になってしまうのでスライスしてしまいかつそれが過度になってしまうのとスイング半径が長くなり過ぎてしまいシャンクしてしまいます。

解決策はP6で手首を掌屈(手のひら側に折ること)することです。これでインパクト前にヘッドがアウトサイドから降りてくることがなくなり、適度なインサイドからの軌道でインパクトを実現しやすくなることでスライスなどのミスが減ります。
綺麗にスイングしているのにスライスしてしまう人は、是非これをお試しください✨

スイングでお悩みの方必見!

宮崎太輝のローポイント・コントロールの本だけでは語りきれなかった内容を
動画にまとめてみました。
本ではわからなかったものが動きが見えることでよりわかりやすくなっております。スイングにお悩みの方は是非こちらもお試しください。

アメリカの最新理論は教え方がまったく違った!
2018年時点での“間違いのない情報”を解説、
それが「ローポイント・コントロール」

down

コメントする






アーカイブ