宮崎太輝 ゴルフKnow-How(ノウハウ)

初心者から上級者ゴルファーまでのあれこれが詰まったノウハウをお届けします!

精度の高いショットを手に入れよう!

time 2020/06/08

精度の高いショットを手に入れよう!

【ショットのコントロール性を上げる鍵とは⁉️】

手とクラブヘッドで描かれる同心円な位置関係をリスペクト‼️

高い精度は手とクラブヘッドの位置が関係している?

300ヤードを軽々と超えるようなパワーとスピードを兼ね備えるプロはより高い精度のショットを求められます。そして、その鍵となるのがP8(フォローでシャフトが地面と平行位置)時の手とクラブヘッドの位置関係です。
構えた時、上から見たとき左肩を中心として手は内側・クラブヘッドは外側という位置関係にあります。そしてスイング中、手とクラブヘッドは同心円を描き続けるべきだという考え方があります。同心円とは円の中心が同じで、大きさの違う円があることを言います。
ゴルフスイングの場合、左肩を中心として手の軌道とクラブヘッドの軌道で同心円を描き続けたいというのが僕やS&Tの考え方になります。凄く雑に説明すると、P6からP8まで手首の動きが最小になると手が内側、クラブヘッド外側という位置関係を保てます。そしてそれができた時が一番フェースの開閉動作が小さい状態を達成できるという感じです。

フェースの開閉動作の度合いはショットの精度にそのまま反映されます。いくら振ってもショットが散らない状態を作り出すことができると、体格で劣る日本人でももっと早くスイングできるはずです。今回の投稿もわかりにくいものとなってしまいましたが、将来的にスタンダードになるはずなので頭の片隅にでも置いておいてください😉

スイングでお悩みの方必見!

宮崎太輝のローポイント・コントロールの本だけでは語りきれなかった内容を
動画にまとめてみました。
本ではわからなかったものが動きが見えることでよりわかりやすくなっております。スイングにお悩みの方は是非こちらもお試しください。

アメリカの最新理論は教え方がまったく違った!
2018年時点での“間違いのない情報”を解説、
それが「ローポイント・コントロール」

down

コメントする






アーカイブ